Gallery A

Gallery B

写真説明

Gallery Aは、桂離宮にある灯篭です。桂離宮にはその園路や池周りを中心に24基のいろいろな灯籠が据えられています。
灯籠に風情を添え照明としての機能以外のものを最初に持たせたのは茶人”千利休”で、茶庭(露地)に導入したのが最初であると言われています。
桂離宮は観月が一つのテーマであり、客人を夜に迎える為の配慮がなされており、風情という点でも灯籠は庭の重要です。

京都の楽しみ

春夏秋冬、2年いても時間が足りない。京の旅は、2泊3日なんて言わず長期旅行を何度でも...。

日本文化を旅する

(^_^)
inserted by FC2 system